人間関係一覧

カウンセラーが教える日常で使える心理テクニック⑥「対人関係で悩まないために アドラー心理学『劣等感を抱くことは自然なこと』」

人間誰しも、いわゆる「劣等感」を持っています。この「劣等感」を感じてしまうと人は悩んだり落ち込んだりしてしまいますが、アドラー心理学では「劣等感」があるからこそ、その「劣等感」をバネにして目的達成のために頑張ることが出来る、健全で必要なものと考えられています。

カウンセラーが教える日常で使える心理テクニック⑤「対人関係で悩まないために アドラー心理学『課題の分離』」

アドラー心理学の考え方は子育てや夫婦関係にも役立てることが出来ます。その考え方のひとつに「課題の分離」というものがあります。これは「相手の課題と自分の課題を分けて考える」というもので、課題というのは「問題」「トラブル」「やるべきこと」などと考えるとわかりやすいと思います。

カウンセラーが教える日常で使える心理テクニック②「人間関係を良くするために」編

「なかなか人と打ち解けられない、気がついたらグループの中でも目立たない立場になっている、自分はコミュニケーション能力が低いと感じる」など人間関係が上手く行かずに悩んでいる方は少なくありません。どの様にしたら良いのか?カウンセラーが答えます。